子育て

人生を、共に歩んできたボーダー。

更新日:

おはようございます。

【家族のおへそブログ】へご訪問頂きありがとうございます。

「ストレスを、家族力に変えましょう!」
大阪阿倍野で3世代家族を応援する
3世代家族オーガナイザーの今西ゆかりです。

ゴールデンウィーク2日目の昨日は
大阪高津宮で開催されている
【ベジバル祭り】にチビッコ達と行ってきました。

食べて、飲んで(コーヒーを)
最高に幸せな時間を満喫した私です。

共に歩んで22年。

長男空が産まれた時、
当時の私には
とても高額なボーダーの服を買いました。

オシャレが限られていた時に
久しぶりにときめいたこの服と
一緒に子育てを歩んでいきたい。
あれから22年。
常に私と一緒に歩んで来てくれた
紺と白色のセントジェームスのボーダー。

とうとう襟元がやぶれてきてしまいました。

22年、飽きる事無く着続けているボーダー。

20代の私。
30代の私。
40代の私。

泣いたり、笑ったり。
悩んだり、落ち込んだり。

私と子供たちと一緒に
歩んで来た大切な、ボーダー。

どうしても、家族写真はボーダーで。

2年前の、長男が成人式で
チビッコ達が七五三の時に
20年温めてきた思いを家族に発表。

『家族全員で、
セントジェームスのボーダーを着て
写真の撮影をしてもらいたい。』と・・・・。

もちろん着物も撮ってもらうんだけど
カメラマンさんにお願いして
家族全員で、ボーダーの普段着の
写真を撮影してもらうように頼みました。
(わざわざ、スタジオで全員着物から
着替えさせてもらいたいと笑)

そんな私の密かに思い描いてきた夢に
自分のボーダーをわざわざ買いに行ってくれる長男。
ふふふって笑いながらコーディネートを考える長女。

やっと、やっと、この日が来た・・・・。

ボーダーは、私の歩み、家族の歩み。
家族写真は、ボーダーが1番しっくり来る。

私のわがままに付き合ってくれて、ありがとう・・・。

使うか?使わないか?2択だけではない。

首もとも、よれよれで
脇には、穴があいてしまったこのボーダー。

でも、絶対に手放せないボーダー。

このボーダーが目に入るたびに、心が温かくなる。

どんな私も見てきてくれた様な気がするので。

めちゃめちゃ子供に怒り過ぎた日も。
一緒に公園で遊んだ日も。
頑張ってる姿を見れた運動会も。

一緒に、歩んできた気がするボーダー。

一緒にお墓に持って行こうかな・・・・。

それまで、大切に大切に保管します。

本日のおへそ。

モノとの関係で大切な事は、
なぜ、必要なのか?
自分で説明が出来る事です。

このボーダーは、
私の心をいつも温かくしてくれる
子育てを頑張ってきた証なので、大切にします。

100人いたら、100通り。
人生は、素晴らしい。

今日もお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

サービスメニューはこちら

1

親との片付け…困っていませんか? 3世代家族は、同居だけではありません。 それぞれの暮らし方に、ストレスや悩みがあります。 片付けは、1通りではありません。 それぞれの悩みや、ライフスタイルに合った片 ...

-子育て

Copyright© 家族のおへそ , 2017 AllRights Reserved.