今の暮らしに目を向けた、ファミリークローゼット完成。

おはようございます。

吹き抜けの我が家は、寒いです。
エアコンをつけましたが、寒くて・・・。
座談会のお客様がコートを羽織る姿を見て
申し訳ない気持ちでいっぱいの私です。

新婚時代とは、暮らしが違う。

先日、片づけ作業に入らせて頂いたお客様。
新婚時代からお子様を出産されるまで
少し年月がおありでした。

お子様を出産されるまでは、
和室にダンナ様のクローゼット。
奥様のクローゼットは、
玄関近くの、リビングから
少し離れた個室の中にありました。

お子様が産まれる前までは、
その個室は奥様の素敵な空間で、
【オシャレをする場所】でした。

姿見や化粧道具、アクセサリーなど。
1人だけの空間で、気合いを入れて
メークをしたり、服を選んだり。

でも、お子様が産まれてからは、
この個室にゆっくり座る時間も無く、
洗濯に終われる毎日・・・。

服を畳む時間や余裕も無く、
和室に簡易のハンガーラックを
いくつも置き、和室の畳が隠れる状態。

見えないように、いろんな布で目隠しされていました。

いつのまにか、お客様を呼びたくない
空間になってしまったとの事でした。

今西ゆかりのアイコン画像今西ゆかり
今の暮らしに目を向けませんか?

オシャレをする場所とゆう固定観念は、
1度捨て、今の暮らしのストレスを減らす。

今西ゆかりのアイコン画像今西ゆかり
お子様が少し手が離れたら、またいつでも1人でゆっくりオシャレをする場所は作れますよ!

奥様は、今のお部屋の使い方以外の、
他の使い方があるなんて考えても見なかったそうです。

楽に洗濯物が戻せるようになりたい。

洗濯物を干すベランダから、
わざわざ離れた奥様の個室まで
なかなか戻せずに和室にどんどん
服が溜まっていきます。

ワーキングマザーの奥様は、
その溜まってしまった洗濯物を、
ご主人とお子様が遊んでいる間に
一気に片づけるのが、週末のお決まり。

洗濯物や掃除に追われる週末。

今西ゆかりのアイコン画像今西ゆかり
週末は、家族で過ごす時間を増やせるようにしましょうか!

奥様のご希望は、

1⃣できるだけ畳まずに、かける収納にしたい。
2⃣楽に短時間で洗濯物を片づけたい。
3⃣人に見られても良い状態にしたい。

和室にファミリークローゼットを作る事になりました。

家族の洋服が一目瞭然。

ダンナ様、奥様、お子様。
それぞれのスペースをしっかり分けました。

ほとんどを、かける収納にしました。

パジャマや、下着などは、
それぞれ人別に、きちんと畳まなくても
大丈夫なようにゆるい引き出し収納に。

和室に楽に洗濯が戻せる
ファミリークローゼットが完成しました。

本日のおへそ。

部屋の使い方も、暮らしに合わせて
柔軟に変えていく必要があります。

100人いたら、100通り。
人生は素晴らしい。

 

 

 

 

 

 

 

受付平日9時〜18時:お気軽にお問合わせ下さい!
(運営:クリーンボーイ大阪)

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA