【らしく】片づけ

家族それぞれに、ゴールデンゾーンの使い方はある。

投稿日:

おはようございます。

先日父がチビッコに
今話題のハーバリウムを
体験させてくれました。
末っ子が何でも詰め込み過ぎで
笑ってしまった私です。

帽子好き夫婦の帽子の立ち位置。

私もダンナも帽子が好きです。
特にダンナは、スキンヘッドなので
冬なんて、頭が寒い(笑)

コーディネートでの
帽子の立ち位置はかなり上。

我が家の廊下の生活の棚。
下から3段目の中央。
いわゆるゴールデンゾーン!!!

座談会に来て下さったお客様が
『帽子が、いいポジションですね。』
と驚かれていました。

そうなんですよね。
ええポジション陣取ってます(笑)

帽子が好きだから。

帽子をかぶる確立が高い。

ええポジション。

帽子をかぶって外出から帰って来て、
廊下を通ってまず手を洗う。

その時に通りすがりざまに
ポイ!と帽子を投げ入れられる。

だから、ええポジションで、
ストレスフリーです。

以前は、2階にある
私とダンナのクローゼットに帽子を
収納していました。

脱ぎっぱなしになったり、
それがリビングで溜まってくるのが
すご−−−−くストレスだったのです。

どうしても、ポイっと投げたい!

ポイっと入れるためには、
ポイントがあります。

1⃣投げ入れられる位置。
2⃣ぎゅうぎゅう満タンにならない。
3⃣上の空間が空いている。

その条件が揃っている
我が家の、生活の棚。
帽子にとって、贅沢な環境です(笑)

家族に協力してもらいたいので。

この条件が揃ってないと、

私だけでなく、ダンナや子供に
協力してもらえず私だけが
しりぬぐいをするはめになります!!!

使う人のめんどくささを軽減しなければ
もともと・・・残念ながら・・・・
『片づけなければ』とも
『片づけたい』とも
全く思っていない。
散らかってるとも全く感じていない。
(くどい!!!)
そんなダンナや子供の
協力は得られません・・・・。

【ついつい戻してしまう。】
【流れで入れてしまう。】
そんな仕組みが必要になります。

1人で、家族のしりぬぐいを
イライラしながらするのは、
もうイヤ!!!ですよね・・。
(私は、イヤだーーー!)

本日のおへそ。

家族によって、ゴールデンゾーンの
使い方は、変わります。

100人いたら、100通り。
人生は、素晴らしい。

 

 

サービスメニューはこちら

1

親との片付け…困っていませんか? 3世代家族は、同居だけではありません。 それぞれの暮らし方に、ストレスや悩みがあります。 片付けは、1通りではありません。 それぞれの悩みや、ライフスタイルに合った片 ...

-【らしく】片づけ

Copyright© 家族のおへそ , 2017 AllRights Reserved.