◆◆学ぶこと

【革命のファンファーレ】西野さんから改めて感じ取ったこと。

投稿日:

こんにちは!

昨日は、久しぶりにダンナと
ほんまに10年振りくらいに
京都の【イノダコーヒー】へ。
昔のデートを思い出した私です。

親が、70歳を過ぎたら
始めましょう!
捨てるから始めない
【実家の円満片づけ】

後悔しない、幸せな親子関係
作りをお手伝いする

実家円満片づけアドバイザー
今西ゆかりです。

【お金】よりも大切なモノは【信用】。

昨日は、あのキングコングの
西野亮廣さんの
【革命のファンファーレ】の
トークイベントに
参加してきました。

本もお顔も知っていましたが
実際読んだことも無く・・・。

いつもお世話になっている
株式会社創の村上さんが
主催されるので参加しました。

ダンナと受付させて頂き
初めて本も購入。

トークショーの中でも
しきりに出て来た言葉、
【信用】

これからは、
お金を【貯金】するのではなく
信用を【貯信】する時代だと。

ビジネスだけでなく、家族も
【信用】しあえているか。

今の世の中に
【信用】という言葉は
重要なWordだと感じます。

親子関係も【信用】できているか?

手取り足取りお世話していた
幼児期を通り過ぎ、だんだん
子供は巣立っていきます。

送り迎えをし、ベラベラ
その日あったことを
話してくれていた時は過ぎ。

どこで何をしているのやら。

そんな時期があっという間です。

ピカピカの1年生と
23歳になる長男が
同時進行の我が家。

子供にいつまでも付いて回る
ことが出来なくなります。

もはや、親子関係は
【信用】出来るかどうか。
にかかってきます。

親は、無償の愛で
子供を【信用】します。

子供は、親に対して
【信用】しているかどうかは
何の確信も保証も無い。

というのも
私が親を【信用】
していなかったから。

いつのまにか
勝手な解釈や妄想?
思い込みから
【私は愛されていない】と。

そんな、愛情という
【信用】をどこかに
捨てて生きてきたん
ですよね〜。

【信用】を取り戻す作業が【片づけ】だった。

そんな歪んだ親子関係。

いつのまにか、私は
家族で出かけることを拒否し
父と目が合わせられなくなり
母には暴言を吐くように・・・。

小学校時代の写真には
いつも無表情な私。

一緒に実家の片づけをし、
全てが私の思い込みだった
と実感できました。

親子はいつからでも
やり直せます。

私と父や母の間には
たしかに【信用】が
あると感じられます。

その【信用】が
この先何があっても
きっと大丈夫だと
思えます。
(キレイゴトでなく)

それが実は、とても
幸せなことだと
感じるんですよね。

ほんまに心の中に
あったかいものがあるって、幸せなんです!

そして、子供たちにも
【信用】を繋げていきたい。

なぜかまた、そんなことを
感じた1日でした。

本日のおへそのしつもん。

あなたは、親子の間に
【信用】があると感じますか?

100人いたら、100通り。
人生は、素晴らしい。

 

 

 

 

サービスメニューはこちら

1

親との片付け…困っていませんか? 3世代家族は、同居だけではありません。 それぞれの暮らし方に、ストレスや悩みがあります。 片付けは、1通りではありません。 それぞれの悩みや、ライフスタイルに合った片 ...

-◆◆学ぶこと

Copyright© 家族のおへそ , 2018 AllRights Reserved.