学び

お通夜で感じた【片付けの仕事】の現状と必要性。

投稿日:

おはようございます。

子供の年齢がバラバラなので、
家族全員が揃うだけで何だか嬉しいと思うのはダンナもだな・・・
と勝手に感じた私です。

『娘が【片づけ】の仕事してますねん!』

昨日は、仲良くしている
父のいとこがお亡くなりになって
家族一同お通夜に行ってきました。

今朝の玄関・・・。疲れてみんな黒い靴放置・・・。

その後の食事会で
娘想いの父(笑)が、久々に会う親戚に

『娘が【片づけ】の仕事してますねん。』
と宣伝しまくってくれます・・・・。

その反応は、
『ちゃんと私出来てますわ〜』
『いや、家来たら怒られるわ〜』
『そんな仕事せんと他にもあるんちゃうの!』

チーーーーン。

まあ、場が、場だった事もありますが
これが、世間一般の【片付けの仕事の現状】と感じて帰ってきました。

もっと、もっと知ってもらわなければ!!!

【片づけ】は、【知る】ツール。

人は、本当に、いつか命が終わる時が来る。

時間は、有限である。

そんなことを、改めて思い、【片付け】の必要性をひしひしと感じたお通夜でした。

本気で頑張る【片づけ】は

自分を知る事が出来ます。
子供を知る事が出来ます。
親を知る事が出来ます。

・出来る自分も、ダメな自分も。
・子供が頑張っている事や、
意外にしっかり考えていること。
・親が今まで生きてきた道のりや
大切にしてきた事、出来なかった事。

【知る】事から、何かが変わってきます。

それが大切なコミュニケーション。
家族はコミュニケーションが大切です。
家族だからって、夫婦だからって、
『言わなくてもわかる』なんて無い!!!

有限な人生を、後悔なく生きていきたい。【片付けの仕事】の現状と必要性、両方を感じた夜になりました。

本日のおへそ。

全ては【知る】事から始まる。

100人いたら100通り。
人生は、素晴らしい。

今日もお付き合い頂きありがとうございました。

 

 

サービスメニューはこちら

1

親との片付け…困っていませんか? 3世代家族は、同居だけではありません。 それぞれの暮らし方に、ストレスや悩みがあります。 片付けは、1通りではありません。 それぞれの悩みや、ライフスタイルに合った片 ...

-学び

Copyright© 家族のおへそ , 2017 AllRights Reserved.