近居

祖母のストレスを解決したBOX。

投稿日:

おはようございます。

【家族のおへそブログ】へご訪問頂きありがとうございます。

「ストレスを、家族力に変えましょう!」
大阪阿倍野で3世代家族を応援する
3世代家族オーガナイザーの今西ゆかりです。

昨日の、GW1日目は、ひたすら片付け日でした。
足りないものを買いにIKEAへ、父母を誘って。
初IKEAに、「外国や〜!」「ここ何や〜!」と
カルチャーショックを受ける父母。
もっと、色々ええとこ連れて行かなと企む私です。

近居あるある。

親が1時間以内の場所に住んでいる場合を【近居】
と呼びます。

うちは、角を曲がってすぐの所に住んでいます。

中で繋がっている訳ではないので
靴を履いて、行き来する事になると
同居とはまた違ったプチストレスがあります。

『忘れ物』

「ああーーーー!国語の本ばあばんちや!」
「絵の具セットばあばんちに忘れてきたわ。」

子供が時間割をしている時に気がついたり

母の方から、

「黄色い帽子、忘れてますけど・・・」
「このプリントは、いらんの?」

とLINEや写メが送られてきたり。

何か、失くしモノをすると、
(なぜか、靴下が片方だけ無いとか)
自分の家にあるのか、母の家にあるのか。
探し場所が、2倍になったりします。

ストレスは、流してしまわない。

毎日は、バタバタと過ぎ、ストレスもプチだと
ついついちょっとイライラしながらも
普通に暮らせてしまいます。

このプチストレスが無くなるだけで
こんなに快適になるのね♪って驚きます。

これは、同居でも、近居でも、遠居でも
一人暮らしでも、核家族でも同じ事。

『ストレスを、洗い出す。』

これは、とてもとても大切な事です。

近くに住み、母に子供たちを預かってもらってるからこそ
小さなストレスも、お互い減らしたい。

だから、定期的に聞いてます。

「最近、どう?なんかストレス無い?」

ここは、ストレートに(笑)

子供たちの、勉強の話や、片づけの話、遊び方の話まで。
父や母のストレスから、孫達への心配事、気になる事。
友達関係の事や、おやつの事まで・・・・。

やはり、ちりも積もれば山となります。

母のプチストレスを解決したもの。

心配性の母は、この忘れ物も心配なようで。
何かを部屋で発見しては、気になりLINEしたり
写メを撮ったり・・・・。若者でない母にはしんどい作業。

家族のおへそ

忘れ物BOXを、きちんと設置。
前から、母がこの場所に紙袋に忘れ物を入れて
置いてくれていたのですが、入らなくなると
また次の紙袋・・・・といくつもこの上に溜まります。

妹も預けているので、妹一家の忘れ物なのか
うちの忘れ物なのかもややこしくなります。

急いでバタバタと自宅に子供たちを引き連れて
帰る妹と私。紙袋をのぞいて確認するのがめんどくさい。

そこで、ポイントは3つ。

1⃣忘れ物が、たっぷり入る要領の収納BOXにすること。
2⃣それぞれの名前をラベリング。
3⃣インテリアにも母のええやん♪と言うものを。

ラベリングは、小さい子供たちにもわかりやすいようにひらがな。

[いまにしけ][やまもとけ]。

小さな事ですが、これがお互いのストレスを解決!!!

母に言われなくても、妹も私も自分のBOXをのぞくようになりました。
母は、忘れ物を見つけたら、ポイポイこのBOXに投げ入れるだけ。
紙袋を用意したり、連絡したり、写メを撮るストレスが無くなりました。

本日のおへそ。

毎日の暮らしは、こんな小さなストレスを失くすだけで
驚く程、快適になります。

ちょっとした事♪
だけど、スゴく大切な事♪

100人いたら、100通り。
人生は、素晴らしい。

今日もお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

サービスメニューはこちら

1

親との片付け…困っていませんか? 3世代家族は、同居だけではありません。 それぞれの暮らし方に、ストレスや悩みがあります。 片付けは、1通りではありません。 それぞれの悩みや、ライフスタイルに合った片 ...

-近居

Copyright© 家族のおへそ , 2017 AllRights Reserved.