Before→After(事例) 【らしく】片づけ 近居

妻の希望と、ダンナの技量に差がある時。

投稿日:

おはようございます。

今日は、コラボセミナーです。
夜な夜なペットボトルをマイクにして
練習しておりました!!!
お客様にいよいよ会えます♡
ワクワクしている私です。

見えていないとやっぱり使えない父。

近居の実家の玄関を以前に片づけました。

【Before】

父は、清掃の仕事をしているので
玄関には掃除道具がごちゃごちゃと・・・・。

その上、私や妹の独身時代の靴がそのまま放置。

母は、
玄関は、スッキリしたい。
花でも飾りたい。
との要望でした。

【After1】

しかし。父が使うモノを、黄色のボックスに入れましたが、
しばらくするとこの状態に・・・・。

この中でちゃんと回っているのは、ぞうきんのみ。
見えていないと、父は使えない事が母にもしっかり解りました。

トライ&エラーです。

妻の要望と、夫の要望の折り合いを付ける。

母は、玄関なので、おしゃれにしたい。
ごちゃごちゃしたくない。スッキリしたい。

と希望して使い始めた黄色いボックス。

母なりに、問題点を指摘してくれました。

・掃除道具は、父が使いやすいようにする。
オシャレやスッキリは、あきらめる。
・黄色いボックスには、見えていないと使えない
父のモノをやめて自分のモノを入れたい。

【After2】

父が使うモノは、オープン収納。
とにかく、まる見え!!!かけるだけ。置くだけ。

黄色いボックスは、
・少し引っぱり出さないといけない。
・中身が全く見えていない。

父には、使ってもらえない。(使えないもんは、使えない!!)

全て、母が使うモノに変更!!!

母のコットンのストックや、バンドエイド、風邪薬など
母は、ラベリングを見てしっかり戻すタイプなので母の管理のモノに変更。

それぞれの得意な方法。戻しやすい方法を採用。
本当に、【片づけは、思いやり】だなあとつくづく思います。

希望は時として、本当の希望ではない。

オシャレにスッキリしたかった母ですが、
毎日父にイライラしながらヤイヤイ言ったり
父のしりぬぐいを毎回しなければいけない・・・・

それを頑張ってまでスッキリしたいのか?
自問自答した時に、

『まさおさん(父)がやりやすい方法でええわ!』と。

あきらめでも、投げ出した訳でもなく、
清々しく言った母の顔は以前と違いました。

機嫌良く暮らすって、そう言う事なんですよね。

本日のおへそ。

自分の希望と、家族の技量。
愛と思いやりを持って折り合いをつける。

100人いたら100通り。
人生は、素晴らしい。

今日もお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

 

 

サービスメニューはこちら

1

親との片付け…困っていませんか? 3世代家族は、同居だけではありません。 それぞれの暮らし方に、ストレスや悩みがあります。 片付けは、1通りではありません。 それぞれの悩みや、ライフスタイルに合った片 ...

-Before→After(事例), 【らしく】片づけ, 近居

Copyright© 家族のおへそ , 2017 AllRights Reserved.